Warning: Use of undefined constant _google_analytics_adder - assumed '_google_analytics_adder' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/apid47/xn--bubka-ud4djjzg0b0xai31aw078a2wkmo5f9j0j.asia/public_html/wp-content/plugins/google-analytics-adder/settings.php on line 116
髪が伸びるスピードについて、ヘアサイクルを改善・正常化させる方法もご紹介 | 薄毛・ハゲを撲滅したい育毛ブログ

髪が伸びるスピードについて、ヘアサイクルを改善・正常化させる方法もご紹介

今回は、髪が伸びるスピードについてです
爪のようにいつの間にか伸びていく髪の毛ですが
実は髪の毛は生まれてから寿命を迎えるまで
3つのサイクル(ヘアサイクル)を辿ります
髪が生え変わるまでどのくらいの期間がかかるのでしょうか?
薄毛や抜け毛に悩んでいる人はぜひチェックしてください
m(_ _)m

 

育毛のことを考えるときに
ヘアサイクルは重要なワードです
ここでは、ヘアサイクル仕組み
ヘアサイクルを改善正常化させる為に
どうすればいいのかをご紹介

ヘアサイクルは3つの過程をたどる

髪の毛は生まれてから(発毛してから)
成長期退行期休止期という
3つのサイクルを辿りますので
順にご紹介していきます
( -`ω-)b

①成長期

身長と同じで、髪が伸びるのは
髪の成長期の時だけです
髪の毛の一生のうちの殆どは成長期にあり
成長期の間に髪は活発に伸びていきます
(*´∀`)♪

※髪の成長期はおおよそ2~5年くらいです
頭皮の状態や育毛環境が正常な人で
男性の場合は最長6年ほど
女性の場合は8年ほど伸び続けたケースがあります

 

②退行期

実は、髪は永遠に伸び続けるわけではありません
活発な髪の成長は、退行期になると伸びるスピードが遅くなっていきます
いわば髪の毛の老化現象ですね、抜け落ちる前の準備段階で
退行期は、大体3週間程度の期間があるとされています

 

③休止期

休止期に入ると、髪はそれ以上伸びません
といっても、休止期に入った髪は直ぐに抜け落ちるのではなく
髪は生えているのですが「ちょっとしたことで」抜け落ちていきます
休止期の期間は2~3ヶ月と言われています
m(_ _)m

シャンプーで抜ける髪の毛
ほとんどが休止期に入っている髪です

 

休止期の次は終期⇒成長期のスタート

休止期を過ぎると、髪は抜け落ちていきます
(いわば髪が死ぬとき、寿命ですね)
そして髪が抜ける終期を過ぎるとまた新しい髪が成長する
成長期のスタートとなります

( -`ω-)b

ヘアサイクルを髪が伸びる成長期だけにしたい!

残念ながら、現代科学技術を駆使した
いかなる最新の育毛剤を使っても、人間のヘアサイクルは変わりません
髪は永遠に存在せず、寿命が来れば「抜け毛」として抜け落ちてしまいます
(>_<)

ヘアサイクルは変わらないということは
髪の毛の成長が止まっている「退行期」「休止期」に育毛剤や育毛シャンプーを使っても
新しい髪の毛は生えてこないし、抜け落ちる髪の毛を止めることは無理だということですが
頭髪全体で見ると、85%~90%の髪は成長期に当たりますので
育毛剤を使っても効果がないというわけではありません
ヽ(*´∀`)ノ

ヘアサイクルからみる髪の毛が1日に抜け落ちる本数

頭髪全体のヘアサイクルの割合は
「成長期:85%~90、退行期1%、休止期10%~15%」
・・・と言われています

人間の髪の毛は、平均10万本とされているので
休止期にある10%~15%の髪の毛の本数は1万~1万50000本です
これだけの大量の髪の毛が、今すぐにでも抜け落ちようとしていることを考えると
抜け毛に悩んでいない人も驚きですよね
ヽ(´Д`;)ノ

※ちなみに、1日で1万本以上抜け落ちることはまずありません
休止期の髪は1日平均50本~100本程度ずつ脱毛していきます。
脱毛した後は、すぐに次の毛髪が生えてきてくれます
m(_ _)m

 

ヘアサイクルを改善・正常化させる方法について

ヘアサイクルを成長期だけにすることはできませんが
なんらかの事情により、髪のヘアサイクルが乱れて
成長期が短くなり、髪が抜け落ちる休止期にすぐ入ってしまう・・といった
ヘアサイクルの乱れが原因薄毛抜け毛に悩んでいる方は多いです
(>_<)

ヘアサイクルが乱れてしまう原因はいくつか考えられており
遺伝やストレス、加齢によるもの、生活習慣etcなどなど
色々な説があるのですが、どれもはっきりとした科学的根拠はありません
(でも、ストレス加齢は絶対に薄毛や抜け毛に影響しますよね)

 

科学的にヘアサイクルが乱れる原因として解明されているものは
「男性ホルモンの影響」だけですが
専門的な話になりますので、ここでは男性ホルモンがどのように
ヘアサイクルを乱すのかはご説明しません
(次の段落で簡単に紹介します)
それよりも、「どうすればヘアサイクルを改善・正常化できるのか?」を紹介したいと思います
(*´∀`)♪

 

科学的根拠のあるAGA治療薬の服用

今のところ、ヘアサイクルを乱すものとして
科学的根拠のあるものは男性ホルモンの悪影響だけです

男性ホルモンのテストステロンというホルモンが
毛根部分にある5αリダクターゼⅡと結びつくと
テストステロンが、よりホルモン作用の強い
「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化し
これが、男性ホルモン受容体と結びつくことで、TGF-βという
抜け毛を生み出すホルモン(脱毛因子)を生み出してしまいます

(>_<)

この、男性ホルモン髪の毛への影響を抑える内服薬には
日本でAGA治療の内服薬として正式に認可されている
「プロペシア」「ザガーロ」の2つがあります

※追記!
プロペシア(別名フィナステリド)は2010年に
日本皮膚科学会のAGAの診療ガイドラインにおいて「強く推奨する」と、
最高ランクのA評価を受けました

これらのAGA治療薬は医師の処方が必要な
医薬品であるため、薬をもらうためには専門のクリニックを受診することになります
(>_<)

 

大豆のイソフラボンを食べて抜け毛ホルモンを抑える



大豆に含まれる「イソフラボン」という成分は
女性ホルモンと似た働きがあり、通販では
大豆イソフラボンに着目したバストアップ商品美容商品が数多く販売されています
(*´∀`)♪

大豆を食べれば本当に胸が大きくなるのかはわかりませんが
イソフラボンは、抜け毛の原因のホルモン(男性ホルモン)の
「DHT(ジヒドロテストステロン)」を減らしてくれる効果があるため
抜け毛を減らしヘアサイクルを改善する効果も期待されています
ヽ(*´∀`)ノ

育毛に効果的なイソフラボン(1日90mg)を摂取できる食材
納豆2.5パックで約100mg (1パックに45g)
豆腐1.5丁で約120mg (1丁で300g)
豆乳2.5パックで約100mg (1パック200g)
きな粉大さじ11杯で約90mg (大さじ1で6g)

 

※※イソフラボンはサプリメントで摂取しても問題ありません
薬局やドラッグストアで販売している
DHC大豆イソフラボンとかなら500円前後の価格ですよ
(*´∀`)♪

 

ノコギリヤシ



ノコアギリヤシを配合している育毛サプリメントを摂取するのも
ヘアサイクルの改善・正常化に効果的です
ノコギリヤシは、先に紹介したAGA治療薬(医薬品)である
プロペシアと同じように、DHTの産出を抑制する効果が明らかになっています
(*´∀`)♪

薄毛、抜け毛は育毛剤で頭皮のケアをすること

それとサプリで必要な栄養素を追加することも必要↓




 
 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ